アサリと貝毒について

アサリと貝毒について

貝類を食すことで起こる貝毒の危険性は、アサリにもあります。

 

貝毒とはどのような症状なのでしょお?またどのようなアサリに貝毒の危険性があるのでしょうか?

 

この記事ではアサリと貝毒について解説します。

 

貝毒とは

貝毒は貝によって起こる食中毒のことです。

 

貝毒は、毒キノコなどの毒素を元々持っている食材による食中毒とは異なり、通常は安全に食べることができる食材が有毒プランクトンによって毒化することで生じます。

 

貝毒の症状には、麻痺、下痢が主な症状です。しかし稀に記憶喪失などの症状も出る危険性があります。

 

貝毒は即効性が高いため、これらの症状は食後30分くらいで起こります。

 

アサリと貝毒について

アサリにも貝毒が生じる危険性があります。しかし市販されているアサリは事前に検査されているため、市販のアサリを食すことによって貝毒が発症することはありません。

 

ですが潮干狩りなどで採ったアサリには貝毒の危険性があります。そのため有毒プランクトンが増殖する春には特に注意が必要になります。

 

アサリと貝毒について解説しました。いかがでしたでしょうか。

 

アサリの貝毒には麻痺や下痢といった症状の危険性があります。

 

市販されているアサリは安全に食べることができるのですが、潮干狩りで採ったアサリには貝毒の危険性があります。


ホーム