ウニの数え方は?

ウニの数え方は?

普段、我々はウニの可食部だけが取り出されたものを食べています。

 

そのため、なかなかウニ本体を数える、ということは少ないでしょう。

 

しかし、実際にウニ漁を行ったり、漁業関係者はウニをいくつも扱っており、独特な言葉で数えているのだそうです。

 

今回、ここではウニの数え方についてを紹介していきます。

 

一腹(ひとはら)という呼び方

一般的に、ウニは一個、二個、さらには一匹、二匹という呼び方で数えられています。

 

しかし、それとは別に一腹(ひとはら)、二腹という言葉で数えられていることもあります。

 

実は、これはウニの可食部の数え方であり、本体であった場合は、一匹などとして数えられているのです。

 

卵として捉えられている

ウニの可食部は、精巣や卵巣です。

 

そして、よく見てみるとオレンジ色の小さな粒が密集しており、それが固まった状態であることがわかるはずです。

 

一腹、という数え方は魚の卵、つまり魚卵などと同様であり、ウニの可食部もこういったもののひとつとして数えられています。

 

明太子などは、ウニの可食部が大きくなったような形をしていますが、あれも一腹、二腹と数えられています。

 

もし、ウニの数え方で困ったことがあったら、覚えておけば安心でしょう。


ホーム