サザエの生態・生息域

サザエの生態・生息域

硬い殻に覆われている人気の貝、サザエ。刺身やつぼ焼き、さらにはバター焼きなど、さまざまな調理法で楽しむことができる、美味しい貝です。

 

さて、そんなサザエなのですが、どのような生息地に棲んでおり、どういった生態なのでしょうか。今回、ここではサザエの生態や生息地についてを紹介していきます。

 

深いと大きくなる

サザエは、「古腹足目・サザエ科」に分類されている巻き貝の一種です。ゴツゴツとした殻を持ち、天敵から身を守っています。

 

生態としては、温か過ぎる場所、寒過ぎる場所には生息できず、北海道や沖縄には生息できません。

 

浅瀬にいるサザエの場合は、小さなサザエが多いようですが、深い場所になるとかなり大きなサザエとなり、20センチを超えるものも存在しています。

 

寿命は、長くても7~8年であり、あまり早く動くことはありません。

 

サザエの生息地

前述したように、サザエは北海道や沖縄には生息していません。比較、岩礁部に生息しており、水深は30メートルほどのところが最も多く生息しているといわれています。

 

人間が潜ることができる場所に生息しているため、海女さんなどが海に潜って、サザエを収穫します。

 

ちなみに、日本海側、太平洋側と生息しており、比較的太平洋側のサザエは大きく成長するといわれています。


ホーム