日本と違う?台湾における秋刀魚の食べ方とは

台湾におけるサンマの一般的な食べ方とは:日本と違う?

日本で馴染み深いサンマの食べ方といえば、塩焼きや、煮つけ、フライなどを思い浮かべる方が多いでしょう。

 

ただ外に目を向けてみると、日本にはまだ馴染みがない調理法が定着している所も多く、旅行に行った時などは新鮮に感じます。

 

例えば近くの台湾で最もポピュラーな食べ方はサンマの”素揚げ”です。一尾丸ごと素揚げして、胡椒をかけて食べるというもの。

 

スーパーでパックに入ったサンマを購入する時には胡椒も一緒についてきます。

 

またサンマの照り焼きもポピュラーで、屋台では、サンマの照り焼きを串に刺して提供しています。

 

サンマの照り焼きをバンズに挟んだ”サンマバーガー”も人気があります。

 

その他に、”サンマ春巻き”や”サンマ焼きそば”などもあり、日本ではあまり食べられない食べ方が定着しているのです。

 

台湾のサンマは美味しくない?

サンマの需要が高く、2013年から、サンマの漁獲量は台湾が日本を追い越して世界一となっています。その後、台湾でサンマブームが起きてレシピの幅も広がりました。

 

ただ台湾は日本ほど食の流通が進んでおらず、店頭に並んでいるサンマを調理して頂くと、日本で頂くサンマよりも脂が少なく、パサパサしたものが多いようです。なので美味しくないと感じる人もいるかもしれません。


ホーム