鰹(カツオ)と健康・安全性

鰹と健康効果

鰹(カツオ)に含まれる栄養成分と効能のほか、カツオによる食中毒、アレルギーなどの被害対策、その他健康上の注意点などの情報をまとめています。

カツオの栄養価/健康効果を知ろう

カツオは昔から食べられている日本では馴染み深い魚です。美味しい上に比較的安価なので庶民の見方でもあります。しかしカツオは安くて美味しいだけでなく、栄養価の面でも優れているのですよ。ここではカツオの健康効果をご紹介します。疲労回復効果カツオなどの回遊魚の赤身に含まれるイミダゾールジペプチドという成分に...

≫続きを読む

カツオのタタキに豊富なビタミンDの効果

カツオのタタキは体に良い栄養素が色々含まれていますが、中でもビタミンDが豊富な食材です。ビタミンDの効果ビタミンDには骨の形成を促して骨を上部にしたり、遺伝子の働きを調節し、免疫力の向上や、がん予防にも効果が期待されています。また骨や腸でカルシウムの働きを助け、血液中のカルシウムやリンの濃度を一定に...

≫続きを読む

カツオのタタキは高血圧に効果的?

高血圧は、血管が老化したり、血液の粘性が上がることによって引き起こされるとされています。これは食生活に起因することが多いですので、予防や改善には食事内容の見直しが不可欠になります。カツオと高血圧予防カツオのような青魚には、EPAと呼ばれる不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。EPAには血液をサラサラに...

≫続きを読む

カツオの美容効果

カツオは、低脂質で低カロリーである一方、様々な栄養素が豊富に含まれる魚ですが、ここでは美容に関する栄養成分に注目していましょう。美容・健康にかかわるカツオの主な栄養素文部科学省が公表している『日本食品標準成分表2015年版(七訂)』の日本食品標準成分表(魚介類)で、カツオ(可食部100g)に含まれる...

≫続きを読む

カツオとマグロの栄養価の違い

カツオとマグロはどちらも海産の赤身魚で、寿司や刺身の1位2位を争う定番ですが、栄養価に着目したときに優劣の差はあるのでしょうか。カツオとマグロの主な栄養素の比較文部科学省が公表している『日本食品標準成分表2015年版(七訂)』の日本食品標準成分表(魚介類)でカツオとマグロ(ともに可食部100g)に含...

≫続きを読む

カツオの生食における水銀の心配について

水銀濃度が高い魚については、妊娠中の方や特定の病気を持たれる方などは摂食を制限する必要が出てきます。クジラ類、マグロ類、サメ類などが制限対象として挙げられ、中でもポピュラーな食材であるマグロについては注意喚起されることが多いですね。カツオは食べても問題ない?そしてマグロと同じサバ科に属する青魚である...

≫続きを読む

カツオのタタキはいつから赤ちゃんに食べさせても大丈夫?

カツオに豊富に含まれるDHAは脳の発達にも効果的です。安く手に入り栄養豊富なので赤ちゃんの食事に取り入れたいという方もいるでしょう。もしも魚を赤ちゃんに与える場合、魚の種類によって与える時期は以下を目安にしてください。白身魚の場合…生後5~6か月頃の初期から赤身魚の場合…生後7~8か月頃の中期から青...

≫続きを読む

カツオのたたきでアレルギー?症状や対策について

魚は傷んでくると、ヒスチジンという物質が分解されてヒスタミンが生成されます。このヒスタミンが含まれた魚を摂取することで、じんましん、頭痛、吐き気、下痢、めまいといった症状が出る疾患をヒスタミン中毒といいます。アレルギーのような症状が出ることからアレルギー様食中毒とも呼ばれています。カツオのタタキとヒ...

≫続きを読む

妊娠中でもカツオのタタキや鰹節を食べても大丈夫?

妊娠中は水銀の含有量が多い食材については控える必要があります。例えばマグロのような魚に含まれるメチル水銀は、妊娠中の胎児の発育に悪影響を与えることがわかっているからです。具体的にどのような食材を控えるべきなのか、何ならOKなのかというのは下記厚生労働省の資料でわかるので参考にしてください。これからマ...

≫続きを読む

生カツオに寄生虫?「テンタクラリア」や「アニサキス」に注意

カツオはお刺身やたたきで食べることが多いと思います。スーパーで買った刺身やたたきの場合、寄生虫がいるなんてことは滅多にないと思いますが、自分でさばいて食べる場合は、寄生虫が潜んでいることは珍しくないので注意する必要があります。カツオに潜む寄生虫として多いのはテンタクラリアやアニサキスなどです。テンタ...

≫続きを読む

犬や猫にカツオのタタキをあげても大丈夫?

カツオのタタキ自体は犬や猫にあげても問題ありません。ドッグフードやキャットフードと違い生の食材の場合、加熱で失われる酵素も補給できるので、定期的に適量あげるのはむしろ良いことでしょう。さらにかつおのタタキはあらかじめ表面を炙ってあるので、普通の刺身より寄生虫や雑菌による被害リスクも低いです。かつおの...

≫続きを読む


ホーム