カツオの生食における水銀の心配について

カツオの生食における水銀の心配について

水銀濃度が高い魚については、妊娠中の方や特定の病気を持たれる方などは摂食を制限する必要が出てきます。

 

クジラ類、マグロ類、サメ類などが制限対象として挙げられ、中でもポピュラーな食材であるマグロについては注意喚起されることが多いですね。

 

カツオは食べても問題ない?

そしてマグロと同じサバ科に属する青魚であるカツオについてはどうなのかということですが・・・結論からいえば大丈夫です。

 

厚生労働省が発表した妊娠中でも普段通り食べて平気な魚のリストの中にカツオも入っています。

 

カツオの生食における水銀の心配について

引用元:これからママになるあなたへ-お魚について知っておいて欲しいこと-【厚生労働省】

 

カツオの水銀濃度は微量であり、常識的な範囲内なら食べても胎児に影響は無いようです。

 

なぜ魚に水銀が含まれるのか?どこからきてるのか?】で理由については詳しく解説していますが、水銀濃度が高く、摂取を控えるべきなのは、マグロのような食物連鎖の上位に位置する大型肉食魚です。


ホーム