鰯(イワシ)の調理・保存

イワシに下味をつけて冷凍保存しよう

イワシが安い時期などには、少し多めに購入しておきたいという場合もあるでしょう。下味をつけて冷凍保存しておけば、すぐに食べなくても食べたい時に解凍して料理に使うことができます。ここではイワシに下味をつけて冷凍保存する方法をご紹介します。イワシの冷凍保存前の下ごしらえまず、イワシを購入してきたら、頭を落...

≫続きを読む

イワシのフライを作り置きするには?

幅広い調理法がとられるイワシですが、老若男女に人気がある食べ方といえばイワシフライでしょう。外はサクサク、なかはふわふわ、魚特有のの生臭みも少なく、魚が苦手な子供でも喜びます。さてこのイワシフライですが、もしも自分や家族が気に入っているのなら、暇がある時に作り置きしておいて、食べたい時に食べるという...

≫続きを読む

イワシの冷凍保存方法や解凍方法

イワシはお刺身、煮物、フライ、塩焼き、煮物、味噌煮などなど幅広い調理法で美味しく食べられる万能な魚です。安い時に多めに買っておきたいということもあるでしょう。しかし数日中には食べきれない場合は、冷凍保存しておくことをおすすめします。イワシの冷凍保存方法や解凍方法を紹介していきます。冷凍保存前の下処理...

≫続きを読む

イワシの正しい焼き方:焼き時間の目安は?【フライパン編】

イワシを焼いて食べる場合の焼き方について解説します。イワシは小さいのであまり長時間焼いていると、脂質が酸化しパサついてしまい美味しく感じられません。片面3分の両面6分程度を目安にしてください。内臓を取り除くまたこれは好みによるのですが、いわし本来の旨味だけを味わいたい場合は、焼く前に内臓と頭を取り除...

≫続きを読む

イワシの臭みの取り方

ご飯のおかずにはもちろん、酒の肴としても有能な食材であるイワシ。しかし、あえて欠点を述べるとしたら生臭さが発生しやすいという点です。いわしのような青魚は鮮度が落ちやすく、少し悪くなるだけで臭いが発生します。予防措置としての早めの下処理をしておくことが大切です。臭み防止には下ごしらえが重要イワシの生臭...

≫続きを読む


ホーム