イワシの冷凍保存方法や解凍方法

イワシの冷凍保存方法や解凍方法

イワシはお刺身、煮物、フライ、塩焼き、煮物、味噌煮などなど幅広い調理法で美味しく食べられる万能な魚です。

 

安い時に多めに買っておきたいということもあるでしょう。

 

しかし数日中には食べきれない場合は、冷凍保存しておくことをおすすめします。

 

イワシの冷凍保存方法や解凍方法を紹介していきます。

 

冷凍保存前の下処理

青魚であるイワシは、鯖やサンマなどと同様に、大変鮮度が落ちやすい魚です。

 

買ってきたイワシには出来るだけ早く下処理を行い、冷凍保存の準備を整える必要があります。

 

内臓をとりだし、頭を切り落とし、ウロコをしっかり取る、という最低限の下処理は欠かせませんね。

 

内臓をとったらたっぷりの水で腹の隅々までキレイに洗い、キッチンペーパーで水分もしっかり取っておきましょう。

 

また下味については冷凍前でも冷凍後でもどちらでも構いません。

 

冷凍保存方法

下処理が終わったイワシは、空気が入らないようラップに包み、フリーザーパックに入れておきましょう。(空気を抜いて真空状態にしておけばなお良し)

 

保存期間としては1ヶ月程度を目安にしてください。あまり長期間保存しすぎると冷凍焼けで美味しくなくなってしまいます。

 

解凍方法

解凍方法は、流水につけるなどではなく、冷蔵庫で自然解凍させると良いでしょう。

 

時間がなければ、電子レンジで軽く解凍させる、もしくは冷凍のまま焼いてしまってもかまいません。

 

冷凍のまま焼くと、外側と内側で焼きムラができることがありますが、中火でじっくりと火を通せばそれも防げます。


ホーム