桜エビの産卵について

桜エビの産卵について

桜エビの産卵はどのようにして行われるのでしょう?また産卵期はいつになっているのでしょう?

 

そして産卵された卵から食べられるくらいまで成長するにはどれくらいかかるのでしょう?

 

この記事では桜エビの産卵について解説します。

 

桜エビの産卵期

桜エビの産卵は5月の末から始まります。そして11月中旬まで続きます。

 

このように桜エビの産卵期は初夏から秋にかけて続きます。

 

中でも夏の7~8月は産卵期の中でも最盛期になっています。

 

桜エビの産卵期が長いことは桜エビ漁にも大きく影響を与えています。

 

桜エビ漁は春と秋あわせて年2回行われますが、これら産卵期を避けているためです。

 

産卵後

桜エビの卵は産卵後1日半で孵化します。そして4か月後には、漁獲できるほどの大きさになります。

 

そのため秋の桜エビ漁では大型の桜エビである親エビと小型の桜エビである子エビが混ざって漁獲されます。

 

ちなみに桜エビの寿命は短く約15か月で死んでしまいます。


ホーム