桜エビの生態・生息地

桜エビの生態・生息地

桜エビはどのような生態をしているのでしょうか?また生息地はどこなのでしょう?

 

このように桜エビには良く知られていない情報が沢山あります。

 

この記事では桜エビの生態と生息地について解説します。

 

桜エビの生態

桜エビは甲殻類十脚目サクラエビ科に属しています。

 

非常に小柄なエビのため成体でも5㎝程度にしかなりません。

 

深海性かた夜行性の生態を持っています。そのため昼間は海の深部で潜んでいます。

 

しかし夜になると活動的になり餌を捕食するため、表層まで浮上してきます。

 

そして夜が明けると再び深部へと戻ります。

 

平均寿命が短く1年から1年半程度で死んでしまいます。

 

桜エビの生息地

桜エビは限られた場所にしか生息していません。

 

主な生息地は日本で、日本以外では中国や台湾のごく一部でしか生息していません。

 

主な生息地は駿河湾近郊です。それ以外にも東京湾や相模湾でも少量生息していますが、最も生息している地域は駿河湾近郊になっています。


ホーム