桜エビの漁獲量が多いのは?

桜エビの漁獲量が多いのは?

桜エビの漁獲量はどのような所でおこなわれているのでしょうか?

 

またその中でも漁獲量が多いのはどこなのでしょう?

 

この記事では桜エビの漁獲量が多いのは?という疑問に答えます。

 

桜エビの漁獲量が多いのは?

桜エビが生息している場所は日本でもごく少数しかありません。

 

代表的なところでは、駿河湾、遠州灘、相模湾、東京湾などです。

 

ですが桜エビを漁獲しているのは、国内では静岡県のみです。しかも静岡県にある駿河湾のみでおこなわれています。

 

そのため最も桜エビの漁獲量が多いのは静岡県の駿河湾になっています。

 

なぜ駿河湾が多いのか?

桜エビは資源保護を理由に漁が厳しく規制されています。

 

規制されているのは漁期だけではなく、漁船の数や網の長さまでです。

 

このような厳しい漁獲規制があるため、桜エビ漁がおこなわれる場所が限定されているのです。

 

中でも駿河湾は、桜エビが繁殖しやすい環境のため、最も多く生息している場所です。

 

なので限定的に漁獲がおこなえるようになっているのです。


ホーム