どじょうのさばき方

どじょうのさばき方

どじょうのさばき方は基本的にうなぎと同じです。ただ大きさが大分違うので、目打ちにしろ包丁にしろ、一回り小さい道具を使ったほうが作業がやりやすいと思います。以下はどじょうを開いて、中骨を取るまでの簡単な流れです。

 

ドジョウのさばき方

  1. どじょうはヌルヌルして滑るので、さばく際には滑り止めに軍手をしておくと楽です。包丁を入れる前後で滑って手を切ることを防ぐ意味合いもあります。
  2. まずは釘やアイスピックなどを目打ちとして利用し、どじょうの頭をまな板に固定しましょう。専用のまな板がなければ100円ショップなどで安いまな板を買っておくといいです
  3. 固定したら、どじょうの体の中央より、頭の付け根から尾にかけて、まな板と平行に添わせるように包丁で割いていきます。包丁はどじょうの大きさにあった小さいものを使います。丁度良いのがなければカッターナイフを使いましょう。
  4. 開けたら、身と中骨の間に包丁を滑らせ中骨を取ります。綺麗にとれたらどじょう捌き完了です。

 

このような流れでドジョウをさばくことができたら、あとは下味をつけて天ぷら/唐揚げにするなり、どぜう鍋にするなりして、好きな料理に使っていきましょう。


ホーム