浅蜊(アサリ)の生態・雑学

浅蜊(アサリ)の生態・雑学の記事一覧

アサリの生態まとめ

春になると、干潟で潮干狩りをする光景が見られるようになります。採取される 貝のうち代表的なものとしてアサリがあげられますが、ここでは、アサリの生態 をご紹介したいと思います。形態などの特徴 1対2枚の貝殻を持つ二枚貝です。貝殻は、三角形に近い楕円形をしており、 殻長(かくちょう。貝殻の左右の最大幅の...

≫続きを読む

アサリの産卵について

皆さんは、アサリがどのようにして生まれるかご存知ですか? アサリは、母親の貝から貝殻がついたかたちで産まれてくるわけではなく、 卵のかたちで産まれてきます。ここでは、アサリの産卵についてご説明し たいと思います。産卵の回数と卵の数  日本では、海水温が20度前後となるときに産卵が行われ、関東以南は ...

≫続きを読む

アサリの生息場所は?

7. アサリの生息場所は? 潮干狩りなどで日本人に馴染みの深いアサリですが、海外にも生息している のでしょうか。また、どれくらいの水深まで生息していて、生まれてから 死ぬまでずっと砂に潜って過ごしているのでしょうか。ここでは、アサリの生息場所についてご説明したいと思います。生息する海域アサリは、淡水...

≫続きを読む

アサリの体の構造

アサリは、汁物や蒸し物などの具として親しまれている食材ですが、どのような 体のつくりをしているかをつぶさに観察した方は意外と少ないのではないでしょ うか。そこで、ここではアサリの体の構造についてご説明します。貝殻の形態や大きさアサリは1対2枚の貝殻を持つ二枚貝です。貝殻は、三角形に近い楕円形をして ...

≫続きを読む

アサリの天敵「ツメタガイ」とは?

皆さんは、「ツメタガイ」という名の貝をご存知でしょうか。実は、アサリの天敵と呼ばれている貝なのですが、ここではツメタガイに ついてご説明したいと思います。形態などの特徴ツメタガイは、海に生息する巻貝の一種です。貝殻は半球形をしており殻長は5~7cmほどですが大きなものだと10cmに達するものもいます...

≫続きを読む

アサリの模様・色が多様なのはなぜ?

アサリの貝殻を見ると、様々な模様や色をしたものがあることに気づきますが、 このように、アサリの模様・色が多様なのはなぜなのでしょうか。貝殻の模様や色などの特徴アサリの貝殻の表面には、貝殻の上端(2枚の貝殻のつなぎ目がある部分) から放射状に広がる細い筋があり、下端に行くにつれ筋がやや荒くなって いま...

≫続きを読む

アサリを飼育するには?餌は何をあげる?

アサリの砂抜きをしている際に、ふと「このまま飼うことはできないだろうか」 と思った方はおられませんか?ここでは、アサリの飼育に関するお話をしたい と思います。家で長く飼うのはハードルが高い生きたアサリは、お魚屋さんやスーパーの鮮魚コーナーなどで年中売られていますので入手すること自体は容易です。ただ十...

≫続きを読む

「浅蜊(アサリ)」の名前の由来・漢字の語源

潮干狩りや汁物の具などでお馴染みのアサリ(漢字で書くと「浅蜊」) ですが、その名前の由来や漢字の語源にはいろいろな説があるようです。ここでは、そのいくつかをご紹介しましょう。海の浅い場所に棲んでいるから「浅蜊」 アサリは、淡水の影響のある海の砂泥の干潟に棲んでいます。成貝は深くても水深1mあたりまで...

≫続きを読む

アサリで水質浄化ができる!?そのろ過能力の仕組みとは?

「アサリは、水質浄化に役立つ」と聞くと意外に思われる方もいらっしゃるかも しれません。ここではアサリのろ過能力の仕組みについてご説明したいと思い ます。アサリの体のしくみ アサリの餌は海中の珪藻など植物プランクトンや浮遊有機質です。植物プランクトンは、生活排水などに溶け込んだ栄養分を 吸収して増殖し...

≫続きを読む

アサリの一生:成長・年齢・寿命について

アサリは、古くから日本人に親しまれてきた食材ですが、生まれてから死ぬ までにどのようにして過ごしているのでしょうか。 ここでは、アサリの一生(成長・年齢・寿命)についてお話したいと思いま す。生まれてから成貝になるまで産卵日本では海水温が20度前後となるときに産卵が行われ、関東以南は2回(春と秋)、...

≫続きを読む

アサリの呼吸方法:潮が引いている時はどうしてる?

アサリは海に棲む生き物ですが、潮が満ちている砂底だけではなく、潮が引いた 干潟の砂の中でも見ることができます。このため、アサリがどのように呼吸して いるのか疑問を持たれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、 ここではアサリの呼吸方法についてご説明したいと思います。アサリの呼吸のしくみアサリ...

≫続きを読む

アサリの砂はどこにあるの?

アサリを食べていると、噛んだ時に「ジャリ」っという、何とも言えない嫌な 食感を感じることがあります。貝殻付きのまま調理した場合ならまだしも、 「剥き身をよく洗って使ったのになぜ・・・」と疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。この砂というのはアサリの体のどこにあるものなのでしょうか。砂は身の中...

≫続きを読む

大アサリの生態・生息地

貝の一種に大アサリと呼ばれているものがあります。しかしこの大アサリは実はアサリとは別の種に属しています。また、大アサリと呼ばれる貝にも2種類があって、こちらもそれぞれ別の種族となります。そこで今回は、この大アサリの生態や生息地について解説します。大アサリと呼ばれているウチムラサキとホンビノス貝大アサ...

≫続きを読む

アサリの貝殻の再利用法

酒蒸し、味噌汁、スパゲッティ・・・。秋はアサリの美味しい時季ですね。夢中で食べて、気が付けば目の前には貝殻の山が!多くは捨てられてしまっているアサリの貝殻ですが、実は色々なことで役に立っています。貝殻には、どんな利用法があるのでしょうか?土壌の改良にアサリの貝殻には、炭酸カルシウムが多く含まれていま...

≫続きを読む


ホーム