アナゴの栄養成分・効能

アナゴの栄養成分と効能

アナゴは蒲焼き、白焼き、煮穴子、天ぷらなどなど様々な食べ方が楽しめますね。それにアナゴは美味しいだけでなく栄養価も高いのですよ。

 

低カロリー高たんぱく質なアナゴ

アナゴは低カロリーで高タンパク質な食品なのでダイエットにはうってつけです。

 

アナゴの近縁種にウナギがいますが、ウナギが100gあたり255kcalなのに対して、マアナゴは161kcal程度です。

 

90kcalの差は大きいですが、脂のりの差がそのまま現れているといって良いでしょう。

 

アナゴはウナギよりもジューシーさで劣りますが、その分ヘルシーなのです。

 

そして、タンパク質に関しても、ウナギが100gあたり17.1gも含まれているのに対して、マアナゴも100gあたり17.3gと負けていません。

 

アナゴに含まれる栄養成分と効能

  • ビタミンA:アナゴに特に豊富な栄養成分です。皮膚や鼻、消化器官などの粘膜を正常に保つ効果があります。
  • ビタミンB1:疲労回復に効果があります。
  • ビタミンB2:エネルギー代謝や皮膚の粘膜の健康を助ける働きがあります。
  • ビタミンC,ビタミンE:アンチエイジングや動脈硬化対策に効果ありとされています。
  • カルシウム,リン,マグネシウム:疲労回復や動脈系疾患にも効果を期待できます。

 

このようにアナゴは低カロリーでありながら、様々な健康にいい栄養素を含んでいるのです。


ホーム