穴子(アナゴ)と健康・安全性

穴子(アナゴ)と健康・安全性

アナゴに含まれる栄養成分や効能のほか、アレルギー・寄生虫・腐敗による食中毒など健康被害対策など、アナゴと健康に関する情報をまとめています。

アナゴの栄養成分・効能

アナゴは蒲焼き、白焼き、煮穴子、天ぷらなどなど様々な食べ方が楽しめますね。それにアナゴは美味しいだけでなく栄養価も高いのですよ。低カロリー高たんぱく質なアナゴアナゴは低カロリーで高タンパク質な食品なのでダイエットにはうってつけです。アナゴの近縁種にウナギがいますが、ウナギが100gあたり255kca...

≫続きを読む

アナゴとウナギの栄養価やカロリーを比較

アナゴはウナギと同じウナギ目に属する近縁種。見た目も味はよく似ていますが、栄養価やカロリーといった面ではどれくらい違いがあるのでしょうか。アナゴとウナギの栄養価を比較アナゴとウナギに含まれる主要な栄養素と含有量の一覧です。含有量の多い方を赤文字にしています。たんぱく質【アナゴ:17.3g】【ウナギ:...

≫続きを読む

アナゴの毒について:毒の症状とは?刺身は危険?

アナゴだけでなく、ウナギ目の魚類(ウナギ、ウツボ、ハモなど)には、イクチオヘモトキシンと呼ばれる神経毒が含まれています。フグのテトロドトキシンほどではないものの、健康被害を引き起こすには十分な毒性があるものです。毒の症状想定される症状としては吐き気や下痢、不整脈や呼吸困難などです。体内に入った毒の量...

≫続きを読む

アナゴとアレルギー:赤ちゃんにはいつから?

アナゴは低カロリーながら高タンパクな食材で、子供の健全な成長を手助けする食材としてはぴったりです。しかしアレルギーを心配する声もあるようですね。いつから食べさせて大丈夫?アナゴの身は柔らかく離乳食には向いた食材です。比較的早期に食べさせても問題ないでしょう。ネットで調べてみたら、アナゴのような白身魚...

≫続きを読む

妊娠中のアナゴ食について:ビタミンAの過剰摂取に注意

妊娠中の食事は、赤ちゃんの発育に影響を与えたり、母体が悪い影響を受けやすくなるので、少しデリケートになる必要があります。アナゴに関しては、この魚に特に豊富に含まれるビタミンAに注意が必要です。ビタミンAの過剰摂取は赤ちゃんに悪影響?ビタミンAには目の健康維持や皮膚・粘膜の免疫力の向上・抗酸化作用など...

≫続きを読む


ホーム