アナゴとアレルギー:赤ちゃんにはいつから?

アナゴとアレルギー:赤ちゃんにはいつから?

アナゴは低カロリーながら高タンパクな食材で、子供の健全な成長を手助けする食材としてはぴったりです。しかしアレルギーを心配する声もあるようですね。

 

いつから食べさせて大丈夫?

アナゴの身は柔らかく離乳食には向いた食材です。比較的早期に食べさせても問題ないでしょう。

 

ネットで調べてみたら、アナゴのような白身魚に関しては、離乳食の後期頃(生後9か月から10か月ほど)から食べさせるというご家庭が多いようです。

 

蒲焼きのタレは塩気が強すぎるかもしれないので、与え過ぎないほうがいいでしょう。

 

アナゴアレルギーってあるの?

どんな食材についてもアレルギー症状が出る可能性は少なからずあります。口腔内が腫れたり、お腹の調子が悪くなるなどの症状が考えられます。

 

アナゴに限ったことではなく、初めての食材ををお子さんに与えた場合は、食後異常が出ないか見守っていることをおすすめします。

 

また【アナゴの毒について:毒の症状とは?刺身は危険?】でご紹介している通り、アナゴの血には毒が含まれていますので、生では決して食べさせないようにしてください。

 

その他アナゴに使うタレや山椒などの薬味が原因となる場合もあるので、もしも症状が出た場合は、調理方法や使った食材など状況をメモしておくことをおすすめします。


ホーム