イカの心臓が3つもある理由

イカの心臓が3つもある理由

今回はイカの心臓についてお話させていただきます。イカも生き物なので当然、心臓がありますが実は何と3つも持っているのです。何故3つもあるのか、不思議ですよね。

 

イカの心臓は3つ

まずイカの心臓は本当に3つもあるのでしょうか。これはあります。

 

メインの心臓が1つと体の左右にあるエラにそれぞれ付いているエラ心臓が1対あります。

 

エラ心臓の役目

イカは運動量が豊富でビックリするくらい早いスピード泳ぎまわります。

 

そのため酸素の消費量が激しく、心臓1つでは酸素の供給が追いつきません。

 

そのため、エラ専用の補助心臓が用意されているのです。

 

イカの心臓はシンプル構造

しかし何故イカの心臓には補助が必要なのでしょうか。

 

それはイカの心臓は心室がひとつしかなく、ある一つの器官にしか血液を送れない構造になっているからです。

 

人間の場合は心室が2つあり、更に心房が2つあります。

 

少し専門的な言い方をすれば、心臓一つで肺循環と体循環の両方の循環できる仕組みになっています。

 

 

最初イカの心臓が3つと聞いた時は例え心臓1つやられても大丈夫な為の予備と思っていました。

 

危険が迫った時の触腕自切行為のように、心臓は1つを犠牲にしても生き延びるのかと思っていました。

 

しかしどうやらイカの心臓は三位一体で一つの心臓と思った方が良さそうです。


ホーム