河豚(フグ) の生態・雑学

河豚(フグ) の生態・雑学

フグの食性・習性・産卵・寿命といった生態に関する情報やフグに関するど面白雑学情報などをまとめています。

河豚(フグ) の語源・漢字の由来

フグは日本で非常に認知度が高い魚ですが、どうしてフグをフグと呼ぶのか、“河豚”と書くようになったのかご存じでしょうか?ここでは河豚(フグ)の語源や漢字の由来をご紹介します。そもそも河豚(フグ)とは?河豚(フグ)の語源日本の様々な古い書物で、フグに関する記述が確認されており、語源を知る重要なヒントとな...

≫続きを読む

フグの生態情報まとめ:食性/大きさ/重さ/生息域

フグの生態に関する情報をまとめています。フグとはフグは、フグ目・フグ科に属する魚のことです。料亭で提供されるようなフグはあくまで全体のごく一部であり、非食用のものも含めると120種類ものフグが存在します。フグの生息地域フグの大部分は海水に生息しています。一部淡水に棲むフグも存在し、現在10種類ほどが...

≫続きを読む

フグの体の骨格構造がすごい!自動車のボディにも応用!

素人が、骨格構造だけをみて魚の種類を判別するのはかなり難しいのですが、フグに関しては非常にわかりやすいです。例えばハリセンボン科のフグの場合、ハリネズミのようなトゲトゲが網の目のようになった構造が特徴的ですしハコフグ(通称ボックスフィッシュ)の場合は、骨の形がほぼそのまま生前の姿なので、一目見てハコ...

≫続きを読む

トラフグの産卵事情:産卵期・産卵場所など

トラフグは卵から孵化してから、およそ2年から3年の時を経て再び生まれ故郷の産卵場所に戻ってくると言われています。トラフグは、成長にともない行動範囲を広げていき、生まれ故郷の海から離れていき、産卵が可能になるまで成長すると、生まれ故郷の海域に帰り産卵を行うのです。この産卵期になると生まれ故郷に戻る行動...

≫続きを読む

フグの寿命/年齢の判別/年齢別漁獲割合など

種にもよりますが、代表的なトラフグの場合、平均的な寿命は10年程度と言われています。魚の中ではわりと長命なほうだと思います。魚の中には産卵後にすぐに死んでしまう種も多いのですが、トラフグは産卵後も生き続け、翌年も産卵を行うことができます。フグの年齢の判別方法トラフグの年齢は体長でおおよその目安がつき...

≫続きを読む

フグに天敵はいるの?

フグはトトロドトキシンという超強力な毒を持っていることで有名です。わずか1gでも500人相当分の致死量に達してしまう毒性と言われていますそんな危険な毒を持つフグを狙う生き物がいるのだろうか?という疑問は当然わきますよね。フグの天敵は少ない実際フグが持つ毒は人間以外のほとんどの生物にとっても有害で、好...

≫続きを読む

フグは何故膨らむの?その仕組みは?

フグの生態において非常に特徴的なのは、風船のように膨らむことができるという所ですよね。体を膨らませることができるフグの仲間は170種確認されています。あのようにフグが膨らむのは、身の危険を感じた時に敵を威嚇するためだと考えられています。フグは体の構造的に、サメなどの大型の魚に遭遇した時に、とっさに逃...

≫続きを読む

フグとハリセンボンの違い

ハリセンボンは、フグ目ハリセンボン科に分類される魚で、フグの一種ということになります。体表がとげで覆われているのが最大の特徴で、危険やストレスを感じると体を膨らませ棘を逆立てます。ハリセンボンは世界で20種類ほどが確認されており、フグ科同様ペットとしても人気がある種もいます。フグとハリセンボンの違い...

≫続きを読む

豊臣秀吉と「河豚食用禁止の令」

戦国武将である豊臣秀吉が「河豚食用禁止の令」を出し、フグ食の取り締まりを行ったことをご存じでしょうか?豊臣秀吉が全国からおよそ160000もの武士を下関に徴兵し、朝鮮に出兵したことは有名な話ですがフグ毒について知らない諸国から来た武士達が、フグを内臓ごと似て食べてしまい、中毒死するという事件が相次い...

≫続きを読む

ペット向きのフグの種類3種

まるっとした体つきにおちょぼ口、ヒレを小さくパタパタ動かし不器用に泳いでいる様は、実に愛らしく癒やされます。その為ペットとしてフグを飼いたいという人はかなり多いです。ただフグにも色々な種類がおり、一般家庭におけるペット向きの種となると限られてきます。ペット向きのフグは?大きさについてまずトラフグのよ...

≫続きを読む

フグの歯切りとは:必要性ややり方など

フグの歯きりとは、読んで字のごとくフグの歯を切ることです。フグの歯は伸びすぎると、餌を食べるのが難しくなったり、自分の口を傷つけてしまうことがあります。また歯で他のフグを傷つけ死なせてしまうこともあります。そのため、定期的な歯切りという手入れをしてあげることが必要になるのです。ペットならば半年に1度...

≫続きを読む


ホーム