豊臣秀吉と「河豚食用禁止の令」

豊臣秀吉と「河豚食用禁止の令」

戦国武将である豊臣秀吉が「河豚食用禁止の令」を出し、フグ食の取り締まりを行ったことをご存じでしょうか?

 

豊臣秀吉が全国からおよそ160000もの武士を下関に徴兵し、朝鮮に出兵したことは有名な話ですが

 

フグ毒について知らない諸国から来た武士達が、フグを内臓ごと似て食べてしまい、中毒死するという事件が相次いだのです。

 

これを受けて、「河豚食用禁止の令」を発し、下関の立て札に「この魚食うべからず」とフグの絵を描いて、喚起したと言われています。

 

豊臣秀吉の時代は戦国時代ですが、この取り締まりは伊藤博文がフグ食を解禁する明治時代までと、かなり最近まで続いていました。


ホーム