焼き鮭をグッと美味しくするための下ごしらえとは

焼き鮭をグッと美味しくするための下ごしらえとは

買ってきた生鮭を焼き鮭にしたい。ただ焼く前に簡単な下ごしらえをすることで、格段に美味しくすることができます。

 

塩鮭が塩辛すぎる場合

前に同じお店で買った塩鮭が塩辛かったのなら、多分次も同じように塩辛いことでしょう。

 

そんな場合には塩抜きを行い自分の好みの味に調整しましょう。

 

塩水(濃度1~1.5%ほど)を張ったボールに塩鮭を入れて、4~5時間ほど置いておくと、ほどよく塩気が抜けてくれます。

 

臭みが強い場合

焼き鮭の臭みが苦手という場合は、事前に臭み消しの下ごしらえをすれば、焼き上がった後の臭みをかなり抑制できます。

 

まず塩鮭でない鮭を下ごしらえする時には、軽く塩を振り20分ほど置いて表面に水分が出てきたら流水で洗い流します。塩鮭の場合は必要ありません。

 

その後は以下のいずれかの方法で臭み消しを行ってください。

 

方法1.薬味と調味料を使った臭み抜き
  1. 鮭をジップロックやナイロン袋に入れます。
  2. 1に2~3センチに切ったネギ2~3切、醤油・料理酒・みりんを1切れにつき大さじ1入れて1時間以上置きます。

 

方法2.牛乳を使った臭み抜き
  1. ジップロックやナイロン袋に鮭を入れます。
  2. 1に鮭が浸かる程度に牛乳を入れて15分ほど置きます。

 

時間に余裕がある時は方法1を、時間に余裕が無い時には方法2をチョイスするのが良いと思います。

 

このように焼き鮭は焼く前に、ちょっとした一手間加えることで、グッと美味しくすることができるのです。


ホーム