ウナギは淡水魚?海水魚?

ウナギは淡水魚?海水魚?

うなぎは海で生まれ、川に遡上(そじょう)して成長し、産卵の為に再び海に戻っていく魚です。

 

つまり淡水・海水両方に適応できる降河回遊魚(こうかかいゆうぎょ)です。

 

ただ生活史のメインは川なので、分類学上は淡水魚になり、魚図鑑でも淡水魚として紹介されていることが多いと思います。

 

生まれてから産卵するまでの、うなぎに一生については【うなぎの一生】で詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

 

淡水・海水に適応できる理由

海水と淡水では、浸透圧に大きな差がありますが、体表面の粘膜で体の内外の浸透圧を調節することができるのです。

 

その他あの粘膜には非常に高い保水機能があり、仮に全身が水上に露出しても、皮膚呼吸で酸素を取り込み、長時間生き続けることができます。


ホーム