生態・雑学

うなぎの食性・習性・産卵・寿命といった生態に関する情報や、 うなぎに関するど面白雑学情報などをまとめています。

うなぎの名前の由来や別名

うなぎの語源は諸説ありますが、明確に特定できる文献は見つかっていないようです。全て伝承だったり、民間俗説に留まっていますが、いくつかご紹介します。うなぎという文字が最初に出てきたのは?一番古い出自とされている「万葉集」の中に「武奈伎(むなぎ)」という表記が出てきています。そしてはっきり「うなぎ」とい...

≫続きを読む

謎多きうなぎの生態

生態に謎が多い動物であるが故に餌や飼育環境を整えるのが難しく、完全養殖の実用化は難航しています。今回はそんな謎多きウナギの生態について現在わかっている情報をまとめました。海で育ち川で成魚になる回遊魚ウナギは、生まれた場所を知っておりどんな離れていても生まれた場所には戻ってくる方向感覚の優れた回遊魚で...

≫続きを読む

うなぎの食性

観賞用であれ養殖目的であれ、うなぎを飼育管理するのなら食性を知っておくことは重要です。しかしうなぎの詳しい食性は完全に解明されておらず、さらにうなぎは成長していくにつれて、食性が変化していくことでも知られています。幼生時の食性生まれてすぐの、葉形幼生(レプトケファルス)時には、プランクトンや昆虫類の...

≫続きを読む

うなぎの一生

うなぎの生態については、長い間謎に包まれていました。しかし近年では研究によって、うなぎがどういう一生を過ごすのか、徐々に解明されてきています。今回は、うなぎがどこで生まれてどのように一生を過ごすのか、ということについて紹介していきたいと思います。卵~稚魚のうなぎ卵~うなぎの一生は、海で始まります。そ...

≫続きを読む

うなぎの産卵(産卵場所や産卵時期など)について

うなぎの成魚は川や湖沼に棲みますが、産卵・孵化は海で行います。肝心の産卵場所は長い間不明でしたが、近年になってようやく、ニホンウナギ・ヨーロッパウナギの産卵場所がわかってきました。うなぎの産卵場所ニホンウナギ…太平洋の西マリアナ海嶺付近ヨーロッパウナギ…大西洋にあるサルガッソー海上記2つの海域で、主...

≫続きを読む

うなぎの平均寿命はどれくらい?

うなぎの生態はまだまだ未解明な部分が多いのですが、寿命はどれくらいなのでしょうか?うなぎの平均寿命うなぎの平均寿命は、約5年~80年とかなり開きがある推察がなされており、はっきりとしたことはわかっていません。世界最高齢のうなぎはなんと155歳スウェーデンの南部で飼われていたうなぎが、155歳まで生き...

≫続きを読む

うなぎの平均的な大きさ・最大記録は?

うなぎの平均の大きさ、最大の大きさは一体どれくらいなのでしょうか?ニホンウナギの平均のサイズ有名なニホンウナギの平均的な大きさは成魚は全長1 m、最大で1.3 m程度です。またシェアの大部分を占めるヨーロッパウナギもニホンウナギと同じくらいの大きさです。世界最大のうなぎ世界には様々な種のうなぎが生息...

≫続きを読む

うなぎはなぜヌルヌルしてるの?成分は?

うなぎの体表面はかなり強い粘りけのある粘膜で覆われています。うなぎを掴もうとしてもヌルヌルと手を抜けてしまうのはこの為です。ヌルヌルの役割このヌルヌルは体表面を保護する役割を持っています。このヌルヌルのおかげで、あらゆる水質の状況変化や浸透圧の高低差に適応することができるのです。保水機能も非常に高く...

≫続きを読む

ウナギは淡水魚?海水魚?

うなぎは海で生まれ、川に遡上(そじょう)して成長し、産卵の為に再び海に戻っていく魚です。つまり淡水・海水両方に適応できる降河回遊魚(こうかかいゆうぎょ)です。ただ生活史のメインは川なので、分類学上は淡水魚になり、魚図鑑でも淡水魚として紹介されていることが多いと思います。生まれてから産卵するまでの、う...

≫続きを読む

うなぎの稚魚の名前

卵から孵化したうなぎの幼体は、レプトケファルス(葉形仔魚)とよばれ、透明で平らな、バクテリアのような姿形をしています。この幼体が海流に乗り、成長しながら河口を目指します。そして、河口に着く頃にはシラスウナギと呼ばれる稚魚に姿を変えます。細長く透明で、シラスのような形状です。市場の99%を占める養殖う...

≫続きを読む

うなぎは皮膚呼吸できるってほんと

うなぎは陸上でも長時間生きながらえることができます。もしも川が干上がったとしても、湿った地面を這うことで他の川に移動することができ、夜間陸にはい上がり移動する生態も確認されています。こんな芸当を可能にするのが、うなぎの高い皮膚呼吸能力です。皮膚呼吸とは皮膚呼吸とは、体表面で行う呼吸のことをいいます。...

≫続きを読む

ニホンウナギは絶滅危惧種?原因は?

日本人ほどうなぎを食べるのが好きな民族はいないでしょう。しかし近年ではうなぎの生息数が減少しており、ニホンウナギは絶滅危惧種にも指定されるほど。何故でしょうか。原因1. 乱獲ニホンウナギの生息数が減少してしまった原因としてまず考えられるのが、乱獲による個体数の減少です。現在行われているうなぎ漁におい...

≫続きを読む

うなぎがかかる病気

うなぎも人間と同じように、病気にかかります。うなぎがかかりやすい病気の種類や治療法、予防法などについて紹介していきます。どのような病気にかかるのかうなぎがかかる病気は、大きく分けて細菌病と寄生虫病の2種類があります。細菌病細菌病の代表例は、「カラムナリス病」といわれる病気です。その病状は部位によって...

≫続きを読む

うなぎの血の毒ついて:症状や無毒化できる加熱温度など

うなぎの血液中には、人体に有害な神経毒が含まれていることをご存じでしょうか。今回はうなぎの毒性についてのお話です。うなぎの毒がもたらす症状うなぎの血液中には、イクシオヘモトキシンというタンパク性神経毒が含まれています。この毒を大量に摂取した場合、吐き気や下痢、呼吸困難などの症状が現れるとされています...

≫続きを読む

ウナギの色が黒いのは日焼けのせい?

成体うなぎは黒い体色をしています。成長に伴ううなぎの体色の変化うなぎの体色は、生まれた時から黒色をしているわけではありません。成長に伴い変化していきます。海で生まれてすぐのレセプトファルスの時点では透明色をしています。川に遡上する頃には、シラスウナギと呼ばれる稚魚に成長していますが、体色はまだ透明の...

≫続きを読む


ホーム