ウニは加熱調理して食べるのもあり?

ウニは加熱調理して食べるのもあり?

ウニを美味しく食べる方法としては、やはり「ウニ丼」が一番、という方は少なくはありません。

 

しかし、ウニは生食以外では美味しく食べることはできないのでしょうか。

 

実は、ウニは加熱処理をしても美味しく楽しむことができるのです。

 

今回、ここではウニは加熱処理をしてもアリ、ということをお伝えしていきたいと思います。

 

生臭みが消える

ウニを加熱処理するなんて、もったいないと思われる方は多いようです。

 

しかし、ウニがお好きな方でも、あの磯臭さ、生臭さが苦手という方もいます。

 

実は、ウニをはじめ食品は加熱処理をすると、生臭みが揮発するために、味わいがサッパリとします。

 

さらに、ウニの場合は甘み、まろやかのある海産物ですので、クリーミーさが増すと考えられます。

 

また、やや鮮度が落ちてしまったウニを加熱することで、苦み、生臭みを抑えることも可能です。

 

ウニを加熱した料理とは?

ウニを加熱した料理の定番といえば、焼きウニでしょう。

 

殻付のウニを半分に割り、内蔵を取り除いて塩水で洗ったものを網の上に置き、醤油を垂らすと大変美味です。

 

また、クリームパスタ、蒸しウニもおすすめです。

 

ただし、フライパンなどで加熱すると、ウニの成分状くっついてしまったり、油に溶けてしまうのでおすすめできません。

 

何か、生クリームなどと混ぜたり、そういった使い方で加熱するようにしましょう。


ホーム