ウニの色の違いについて

ウニの色の違いについて

食べるウニにはさまざまな色があり、鮮度が悪いののか、良いのか、ということで迷ったことがあるのではないでしょうか。

 

今回、ここではウニの色についての違いについてを紹介します。

 

種類による違い

ムラサキウニやバフンウニ、キタムラサキウニなど、ウニといってもさまざまな種類があります。

 

ムラサキウニやバフンウニなど、実は生息地がある程度決まっており、エゾバフンウニとバフンウニなど名前は似ていても、違った種類として見なされています。

 

そして、この種類によって色が違うのです。

 

ムラサキウニは白っぽく、バフンウニは赤っぽい。

 

そして、雄はオレンジが強く、メスは淡いなど、鮮度というよりは種類によって色に違いがあらわれるようです。

 

鮮度に場合は黒ずみと

とはいえ、ウニも鮮度が落ちると黒っぽく、黒ずんだような色になっていきます。

 

これは、鮮度が落ちている証拠ですので、加熱するなどして食べてしまいましょう。

 

ウニの色の違いについては、黒くなってしまっている以外は、種類の違いによるものなのです。


ホーム