ウニ丼とは:使用されるウニの種類は?ウニの量は?

ウニ丼とは:使用されるウニの種類は?ウニの量は?

ウニをもっとも美味しく、贅沢に味わう方法として常に話題になっているのが、「ウニ丼」です。

 

しかし、なかなかウニ丼を食べたことが無い、という方やウニ丼はどうやって作れば良いのか、という悩みを持っている方もいるでしょう。

 

今回、ここではウニ丼とは何か、さらにウニ丼に使用されているウニの量についてを紹介していきます。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

ウニ丼とは?

ウニ丼とは、シンプルにご飯の上にウニが沢山乗った状態の丼ものをさしています。

 

しかし、その食べ方は多彩で、ウニだけをたっぷりと乗せたものから、海鮮丼のように他の魚介類を混ぜたもの、酢めし、通常の白米に乗せたものなどアレンジは多種多様です。

 

仮に、量を多く使うのであれば酢めしの方がさっぱりとするので、おすすめです。

 

多くの場合、ウニの甘みを活かすために、専用のやや甘みのあるタレをかけて食べられていますが、一般的な醤油でも美味しく食べられます。

 

生臭さが気になる方は、シソを細かく刻んだものをご飯にひき、細かな乗りを散りばめるとより美味しく食べられるはずです。

 

ウニ丼に使用したいウニとその量は?

ウニ丼は、どのようなウニを乗せても問題はありませんが、多くウニを食べるため、やや淡白なものをチョイスすると良いでしょう。

 

バフンウニなどは濃厚な味わいですので、ムラサキウニといった白っぽく、ややサッパリと上品な味わいのウニの方が合うようです。

 

海鮮丼に少量ウニを使用する場合は、バフンウニなどの高級なウニを使用するのも良いでしょう。

 

また、塩水ウニのような、味付けがされていないものは特におすすめです。


ホーム