ウニを食べる国は日本だけ?

ウニを食べる国は日本だけ?

日本人にとって、ウニはとても大切な食品のひとつです。

 

高級品として高級寿司店や和食店でも重宝されている存在ですし、日本人の食生活にとって外すことができない大切な海産物です。

 

さて、そんなウニなのですが、日本人だけがこの味わいを理解している、という噂があります。

 

他の国ではウニは食べず、日本人だけが食べている、という話があるようです。

 

今回、日本人だけがウニを食べているのか、ということについてを解説してみます。

 

生のままという発想が日本独特だった?

もともと海外の食文化の中で、生食という文化がある場所が少ないため、生ウニを食べるという発想が無かった、というようにも言われています。

 

また、棘が多く、中には有害なウニも存在している厄介物であったことからも、食べるという発想が無い国も少なくはありません。

 

また、海外の人にウニを食べさせたりして、驚くような実験が多かったため、日本人だけが理解できる味として広まったと思われます。

 

ウニを食べる国もある

例えば、イタリアの海岸沿いの街ではウニを使用したパスタを食べていたり、和食ブームから世界的にもウニの味わいに理解を示す方は増えていると言われています。

 

また、韓国でもウニを昔から食べられているなど、日本だけが特別ウニを食べているわけではありません。

 

世界のウニの食べ方を知るだけでも、ウニの楽しみが増えるので、いろいろと情報を集めてみてはいかがでしょうか。


ホーム