ウニの食文化の歴史

ウニの食文化の歴史

日本人にとって、ウニは大切な食材のひとつです。刺々しいあの姿から想像できない、甘くねっとりとした極上の舌触りは、一度食べたらヤミツキになる美味しさです。

 

さて、そんなウニなのですが、食文化においてはどのような歴史があるのでしょうか。今回、ウニの食文化の歴史についてを紹介していきます。

 

757年の書物には出ている

縄文時代の遺跡、貝塚からは既にウニと思われると殻が発掘されており、古くからウニが食べられいたと思われています。

 

しかし、正式に書物としてウニが食べられるようなったことが記録されているのは、757年に施行された「養老律令」といわれています。

 

この書物には、ガゼという名で表記されているようですが、さまざまな書物でもその後、海胆という文字で表記されているなど、日本人にとっても大変馴染み深い食品であったことがわかります。

 

江戸時代から現代まで

海胆という名は、生ウニをさした言葉であり、江戸時代に入ってから塩を加えたものを、雲丹としていたことがわかっています。

 

その後、明治20年頃にはアルコール漬が開発され、純度の高いエチルアルコール、瓶などに詰められて国民に愛されるようになります。

 

江戸前寿司など、食文化の変化や進化によって、ウニも広く調理されるようになり、現代では高級食材のひとつとして知られるようになりました。


ホーム