うなぎボーンの作り方

うなぎボーンの作り方

うなぎボーンは静岡県浜名湖発信のスナック。本来廃棄物となる魚の骨を、お菓子に昇華させています。

 

お菓子なのに栄養豊富。おつまみや栄養補給におすすめです。

 

うなぎボーンの材料

うなぎボーンを作るには、当然のことながらうなぎの骨が必要です。うなぎの骨は、うなぎを捌いて取り出すか、魚屋で廃棄されるうなぎの骨を貰ってくるかして入手しましょう。生きたうなぎから取ったものが良いそうです。

 

うなぎボーンの作り方

うなぎボーンの作り方は非常にシンプルです。骨さえ手に入れば、カット⇒揚げ⇒塩振りという3ステップで簡単に作ることができます。以下うなぎボーン作りの説明となります。

 

1.骨をカットする

うなぎの骨をペンチや調理バサミでカットします。かなり硬いので包丁は危ないです。カット後塩水に三十分ほど浸しておきましょう。

 

2.骨を挙げる

骨の中まで火を通してさくっと揚げます。サラダ油で素揚げ→冷ましてバットに取る、を数回繰り返してください。もしくは三十分ほど低温油で様子を見ながら焦がさないように素揚げしてもいいでしょう。

 

3.塩を振る

揚げ終えたら、冷めないうちに塩を振って出来上がりです。お好みで醤油、カレー、ガーリックパウダーなど使ってください。


ホーム