グリルによるうなぎの美味しい焼き方

グリルによるうなぎの美味しい焼き方

うなぎをグリルで美味しく焼く方法を紹介します。グリルを使う場合以下の点を抑えて焼くようにしてください。

 

初めから着いてるタレは落とす

市販のうなぎには、最初からタレがかかっています。実はこれ、うなぎの色を美味しそうに見せるために余計な着色料が含まれており、純粋なタレより味が劣ります。またタレが付いたままうなぎを焼いてしまうと、コゲの原因にもなります。そのため、まずは流水でうなぎに付いているタレを洗い落として、キッチンペーパーで水分を拭き取ってから、グリルで温めるようにしてください。タレは温め終えてからかけるのがベストです。

 

アルミホイルは完全に包むように

グリルで焼く場合是非やって欲しいことは、うなぎをアルミホイルに包んで加熱することです。アルミホイルは、焼き終えた時に、身に焼きムラや色ムラができるのを防ぐ役割があります。均等に火が通るよう、うなぎの全身をすっぽり覆いましょう。

 

火加減は中火で

加熱の際は、中火で3分程度が理想です。これで一度確認してみて、焼き加減が不十分だったら再びアルミホイルで包み、中弱火で再度火を通しましょう。強火を用いないようにしてください。火が強すぎて焦げてしまいます。表面がきつね色になる程度を目安に加熱するようにしましょう。


ホーム