生臭いタコの臭い消し方法

生臭いタコの臭い消し方法

タコは日本人には大変身近な食材であり、スーパーなどでもよく売られているため、家庭で調理することも多いと思います。ですが、上手に処理しないと生臭さが残ることもあり、難しい食材でもあります。そこで今回は、生臭いタコの臭いけし方法をご紹介いたします。

 

塩でもむ

生のタコを買ってきたのであれば、塩もみで処理することが必須となります。タコの周りについている、ねばねばとしたぬめりは、生臭い臭いの原因となります。まずは、たっぷりの塩で全体を揉みながらよく洗い、その後に水でキレイに洗い流しましょう。ぬめりが少しでも残っていると臭いの原因となるため、丁寧に洗い落とすことが重要です。

 

さっと湯通しする

塩できちんと揉んでも生臭みが取れなかったり、茹でてあるものを買ってきたのに生臭かった場合は、沸騰したお湯にさっとくぐらせると臭いが取れることもあります。生で食べたい場合は、火が通らないように、なるべく素早く湯通しし、皮をむいてから食べるようにしましょう。

 

茹でたタコの場合も、表面だけを洗うような感じで1~2秒ほどお湯につけ、すぐに冷やしましょう。

 

いかがでしたでしょうか?タコの臭いが気になった方は、ぜひ実践してみて下さい。


ホーム