生タコ・茹でタコの正しい保存方法は?

生タコ・茹でタコの正しい保存方法は?

タコはスーパーなどでも売られている定番の商品であるため、食卓に並ぶことも多いと思います。ですが、余ってしまって保存しなければならないこともありますよね。そこで今回は、生タコ、茹でタコの正しい保存方法についてご紹介させていただきます。

 

タコは冷凍保存がおすすめ

生でも茹でてあっても、時間が経つと段々と美味しさが損なわれていくので、タコは冷凍保存するのがおすすめです。特に生の場合は傷むのが早く、買ってきてから一日くらいしか持ちません。そのため、その日に食べないのであればすぐに冷凍して鮮度を保つのが良いでしょう。

 

生タコの冷凍保存方法

生タコを冷凍保存するときに注意するのが、塩もみなどをせずにそのまま冷凍することです。そうすると、解答した時にぬめりが取れて美味しく食べられます。買ってきたら水などで洗わずに、ジッパー付きのビニール袋などの密閉できるよう気に入れ、空気をしっかり抜いた、できるだけ手早く凍らせましょう。冷凍した時に空気が入っていると、抵当やけを起こす原因となるため気をつけましょう。

 

茹でたこの冷凍保存方法

茹でたタコを冷凍保存するときは、水気をしっかりとふき取った後に、使いやすいように薄くスライスしてから保存するのがおすすめです。生の時と同様に、しっかりと密閉し空気を抜いて保存します。

 

いかがでしたでしょうか?正しく保存することで、美味しさを長持ちさせることが可能です。


ホーム