タコの寿命は平均何年くらい?

タコの寿命は平均何年くらい?

タコ焼きなどでお馴染みの食材であるタコ。スーパーなどでもよく目にすることができる、日本人には大変身近な食材ですが、皆さんはタコの寿命についてはご存知でしょうか?そこで今回は、あまり知られていない、タコの寿命についてご紹介いたします。

 

タコの寿命

タコの寿命は短く、1~2年程度と言われています。タコの年齢は正確に測定するのが難しく、正確に何年生きるかはわかっていない部分も多いです。

 

一番長く生きたタコは、ミズダコで5年という記録が残っています。

 

タコのオスは、交尾をすると死んでしまいます。メスは受精後に数万から数十万の卵を産み、卵が孵化するまで卵の世話をします。

 

卵が孵化するまでの約1か月間は断食状態で卵を守ります。卵が孵化するとメスは死んでしまいます。

 

生まれたばかりのタコは、潮の流れにに乗りながら移動し、各地に分布してゆきます。そこで海底に定着し、1年ほどかけて成長し、また生殖を行い寿命を全うします。

 

タコは多くは1年ほどで寿命を迎えると言われていますが、産卵の時のストレスが無いと、2年ほど生きると言われています。

 

いかがでしたでしょうか?意外と知られていないタコの寿命について、お判りいただけたかと思います。


ホーム