タコの寿命が長かったら人間の知能を越えてる!?

タコの寿命が長かったら人間の知能を越えてる!?

タコは日本のあちこちで漁獲されており、日本人にはとても身近な食材と言えます。そんなタコですが、エサの入った瓶のふたを自分で開けたりと、頭の良いことで有名ですが、実は人間の知能を超える可能性があることをご存知でしょうか。今回は、タコの知能について紹介します。

 

タコの寿命は?

タコの年齢は正確に測定するのが難しいため、正確に何年生きるかはわかっていない部分も多いですが、タコの寿命は1~2年程度と言われています。

 

タコのオスは交尾をすると死んでしまい、メスも卵を産卵した後、卵が孵化すると死んでしまいます。

 

そのため、産卵も一生で一回のみと言われています。

 

タコはどれだけ頭がいい?

タコは最初にもご紹介した通り、自分でエサの入った瓶のふたを開けるなど非常に頭が良いと言われています。

 

その理由は、タコは脳が非常に大きく、体重当たりの重量では、最大と言われています。そのため、学習能力が高く、様々なことを覚えていきます。

 

さらに、大きさ、色、明るさ等を感じ取った後、それらの事を識別できる能力があると言うことです。

 

そのため、タコが人間と同じくらい生きたとすると、海底に都市を作ることができるとまで言われています。

 

いかがでしたでしょうか?タコは、他の生き物と比べても非常に知能が高いことが分かるかと思います。


ホーム