タコの脳の数は9個もある!?

タコの脳の数は9個もある!?

タコは日本人にとっては大変身近な食材ですが、生物としてもとても興味深い生き物です。今回はそんな興味深い生き物である、タコの脳について詳しくご紹介させていただきたいと思います。

 

タコの脳の数は?

タコは大変高い知能を持っていることが知られています。その理由として、タコは、体の大きさから考えると、非常に大きな脳を持っているため、無脊椎動物の中では、一番知能が高いとさえ言われています。

 

そんな高い知能を有しているタコですが、タコの脳は全部で9つあるのをご存知でしょうか。タコには足が8本ありますが、この8本ある足のすべてに神経細胞の塊があり、それらが頭部の脳と連動しています。そのため、全体的な支持を司る脳が一つと、各脚、一本一本を動かすための脳があるのです。このため、通常ではできないような複雑な動きが可能となっています。

 

その知能の高さと、複雑な動きができることを証明した実験として、エサの入った瓶をタコに与えると、自分で瓶のふたを回して開け、中のエサを取ることができるという実験があります。

 

その他にも、学習能力の高さでは、ハトやネズミを上回るという実験結果も報告されています。

 

いかがでしたでしょうか?このように、タコの知能は驚くべき高さを誇っています。


ホーム