真鯛の養殖事情:主な産地や養殖方法、用いる餌など

真鯛の養殖事情:主な産地や養殖方法、用いる餌など

日本古来から食用として親しまれてきた真鯛。現在でも続く高い需要を受けて、天然ものだけに頼らない養殖産業がさかんです。国内にはいくつも真鯛の養殖産地があるのです。ここでは主な真鯛の養殖産地や養殖方法、用いる餌など真鯛の養殖事情をご紹介したいと思います。

 

真鯛の養殖産地

日本で有名な真鯛の養殖産地としては愛媛県が挙げられます。愛媛県だけで日本の真鯛養殖の半分以上をまかなっているのです。愛媛県に続くのが熊本県、高知県になります。

 

真鯛の養殖方法

真鯛の養殖場所には「温暖で波の少ない穏やかな環境」が適しています。筏(イカダ)を組みその下を網で囲うことで人工的な池を作り、ここに稚魚を放し養殖するのです。

 

養殖真鯛の違い

かつては養殖真鯛は天然真鯛に味や見た目が大きく劣るとされていました。しかし現在では養殖技術が格段に向上したため、天然真鯛にも劣らない美味しい真鯛が養殖、量産できるようになったのです。

 

養殖真鯛の餌

餌はモイストペレット、ドライペレット、生餌を配合したものが使われています。鮮やかな赤色を付けるために、小エビを餌に加える場合もあります。


ホーム