鯛の刺身にも寄生虫アニサキスの危険はある?

鯛の刺身にも寄生虫アニサキスの危険はある?

アニサキス被害によるニュースが話題になることが多い昨今、例え最高の縁起物である鯛であっても警戒するのは最もだと思います。

 

アニサキスは海水に済むほとんどの魚に寄生することがあるので、海水魚である鯛に関してももちろん例外ではありません。

 

ただサバやタラなどアニサキス被害が多い魚と比べると、居ることははるかに少ないと思います。

 

なぜならアニサキスが寄生している魚というのは、アニサキスが寄生したイワシを餌にしていることが多いからです。

 

イワシはアニサキスの卵が寄生しているクジラ類の糞を餌にしているので、アニサキスが寄生していることが多いのです。

 

鯛は魚類も食べますが、主食はカニやエビといった甲殻類を好む傾向にあるので、アニサキスが寄生していることは、イワシやサバほど多くありません。

 

ようは食物連鎖でアニサキスが移動する先に、鯛がいることはそう多くないということですね。

 

最も多くないというだけで、寄生することももちろなりますので、気を付けるにこしたことはありません。

 

アニサキスの対策については【魚の寄生虫「アニサキス」の生態や対策】で詳しく解説しているのでご参照頂ければ幸いです。

 

アニサキスとは

アニサキスは主に海水棲の生物に寄生する寄生虫です。生魚を食べる習慣が根強い日本では、被害の発生件数が圧倒的に多いです。アニサキスは白色の太い糸のような形態をしており、人間の体内に入ると数時間後に腹痛や吐き気などを引き起こします。


ホーム