冷凍シジミを味噌汁に使う場合の注意点

冷凍シジミを味噌汁に使う場合の注意点

シジミは冷凍保存ができますし、すでに冷凍されているものも市販されています。

 

これらの冷凍シジミは味噌汁を作る際に重宝します。ですが、冷凍シジミと生のシジミでは味噌汁の作り方が若干異なります。

 

この記事では冷凍シジミを味噌汁に使う場合の注意点を説明します。

 

注意点①

冷凍シジミを使用する際の注意点の一つ目は洗い方です。

 

通常、生のシジミは殻をこすり合わせることで、殻の汚れを落とします。

 

しかし冷凍シジミの場合にはこの洗い方はてきしていません。

 

冷凍シジミでこの洗い方をするとシジミが溶けてしまい、うま味が逃げてしまいます。

 

なので冷凍保存する前にすでに綺麗に洗っておくようにしてください。

 

注意点②

生のシジミで味噌汁を作る場合、常温の水にシジミを入れ、加熱していきます。

 

常温から徐々に温めていった方が、よりシジミのうま味が出るからです。

 

しかし冷凍シジミの場合は、沸騰したお湯に入れ再び沸騰させます。

 

なぜなら常温では冷凍シジミの場合、温度が低くなりすぎるからです。

 

冷凍シジミで味噌汁を作る際には、洗い方と水の温度設定の二つに注意が必要になります。


ホーム