シジミの焼き加減の目安について

シジミの焼き加減の目安について

味噌汁など汁物料理のイメージの強いシジミですが、そのまま焼いて食べても美味しく食べられます。

 

焼きシジミは簡単に作られるのですが、唯一焼き加減には注意が必要になります。

 

この記事ではシジミの焼き加減の目安について解説します。

 

シジミを焼く前の準備

シジミを焼く前に表面を洗い、砂抜きをする必要があります。

 

シジミをザルに移し、水道水で綺麗になるまで洗い、水に漬け一晩寝かせます。

 

これで表面が綺麗になり、砂も抜くことができます。

 

シジミの焼き加減の目安

シジミを焼く場合は魚焼き器を使用します。本格的に作りたい場合は七輪に炭火を起こして焼きますが、魚焼き器でも十分美味しくなります。

 

魚焼き器にシジミを並べ弱めの中火で加熱していきます。

 

シジミから汁が出で、蓋が開いたら食べごろになります。

 

塩か醤油で味を付けて完成です。

 

焼きシジミはそのままでも美味しいですが、むき身を取り出し、炊き込みご飯などにして食べても美味しいです。

 

  • 焼きシジミは、シジミの殻の蓋が開くと火が通った目安になります。
  • 火加減は強くする必要が無いので中火程度に抑えましょう。
  • また味付けは塩や醤油などシンプルな味付けが美味しいです。

ホーム