シジミの大きさや重さについて

シジミの大きさや重さについて

シジミのサイズはどのくらいの大きさに分けられているのでしょうか?

 

またシジミの重さはどのくらいなのでしょう?

 

この記事ではシジミの大きさや重さについて解説します。

 

シジミの大きさについて

シジミの大きさは、殻幅で10~20㎜の範囲になっています。

 

食材として商品化される場合はS、M、L、2Lの4サイズに分けられることが多いです。

 

小さい物は10㎜程度でSサイズに分類されます。そして12㎜がMサイズ、14㎜がLサイズ、16㎜以上が2Lサイズという風に分けられます。

 

大きさによる味の違いは、明確になっていません。しかし小ぶりのほうが濃厚な出汁が取れるという意見もあります。

 

また身を食べる場合は、大型のほうが食べ応えや食べやすさの面で優れています。

 

シジミの重さについて

シジミの重さは、1個当たり、0.6~1.0gとなっています。この重たさは殻から取った身のみの重たさになっています。

 

平均すると1個当たり1g以下なのでとても軽いです。

 

また小さい分カロリーも少なくなりシジミ1個当たり3~5カロリーくらいしかありません。


ホーム