サザエの保存方法

サザエの保存方法

サザエを大量にもらったり、多く購入したような場合、重要になってくるのは保存方法です。

 

サザエは貝類ですので、新鮮さが重要です。冷蔵庫にそのままいれておくだけでは、早い段階で劣化してしまい、美味しくなくなってしまいます。今回、ここではサザエを美味しく保存するための方法を紹介していきます。

 

しめった状態で保存する

サザエは、大変鮮度が落ちるのが早い貝として知られています。そのため、パックの状態で外で放置しておくと、あっという間に劣化してしまいます。

 

まず、タッパーなどにキッチンペーパーを引いておき、その上にサザエを並べていきます。水道水ではなく精製水などで浸した数枚のキッチンペーパーであると、より良いでしょう。

 

そして、その上から蓋をするのではなく、濡らした新聞紙でくるむように包み込みます。タッパーやアルミホイル、ラップでガチガチに密閉してしまうと、サザエは呼吸ができず死んでしまいますので、ある程度湿った状態で、呼吸ができる状態にしておくことをおすすめします。

 

冷蔵庫に入れておく

サザエは、暑さも大変苦手ですので冷蔵庫にての保存を推奨します。先述したような状態で冷蔵庫に入れておけば良いのですが、冷凍をしようと思って冷凍庫に入れると、新鮮なサザエが死んでしまうので注意です。5度前後の温度での保存が適していますので、サザエにとっての良い環境を作って上げる保存方法を実践してください。


ホーム