魚,食べ方

サザエの貝殻の再利用法

皆さんは、中身を取り出して残ったサザエの貝殻をどうしていますか?ここでは、サザエの貝殻を利用する方法を簡単にいくつかご紹介します。

 

刺身を盛り付ける皿がわりにする

サザエの刺身を綺麗なお皿に盛り付けるのも良いですが、貝殻をお皿がわりに使って刺身を盛り付けると、磯の香りが漂って食欲をいっそう増してくれます。

 

貝殻は流水でよく洗い、ついていた蓋を裏返して殻にはめ込んで、その上にそのまま、あるいは大葉や千切りにした大根を敷いて、刺身を乗せると良いでしょう。

 

貝殻の表面を溶かして部屋の飾りにする

サザエの貝殻は、そのままだと付着物などがついていて、部屋の飾りとしてはさほど見栄えはしませんが、表面を溶かして真珠色の層を出すと立派なオブジェになります。

 

酸性のトイレ用洗浄剤を少し水で薄めた液の中に浸しておくと、表面が溶けて綺麗な真珠色の層が現れます。

 

小さな観葉植物などの植木鉢がわりに使う

水に浸して塩気を抜けば、植木鉢がわりにも使えます。植物には塩分に弱いものが多いので、塩気は十分に抜いてください。

 

花瓶がわりに小さな花を生ける

水が漏れない殻なら、花瓶がわりにも使えます。植木鉢がわりに使うのと同様、塩気は十分に抜いてください。

 

キャンドルホルダーにする

貝殻の形状によっては不安定でろうそくが倒れたりするおそれもあるので、しっかりと固定できる貝殻を選び、火事になるおそれがない場所で使いましょう。

 

砕いて園芸用土に混ぜて使う

サザエなどの貝殻の主成分は炭酸カルシウムであり、園芸用の石灰のかわりに砕いて用土に混ぜると、成分がゆっくりと溶け出して、土や堆肥の酸化を防ぐ効果があるとされています。

 

サザエの貝殻は、捨ててしまえばただのゴミですが、ひと工夫するといろいろな用途に使えます!ぜひお試しください。


ホーム