妊娠中サザエを食べても大丈夫?

妊娠中サザエを食べても大丈夫?

妊娠をすると、普段以上に食事に気を使わなければなりません。母体の栄養に関してもそうですが、食中毒やアレルギーなど、お腹の中の赤ちゃんに悪影響を与える可能性があるからです。

 

さて、サザエの場合は妊娠中に摂取しても大丈夫なのでしょうか。今回、ここではサザエを妊娠中に食べても大丈夫なのか、それを考えていきたいと思います。

 

細菌に注意!

妊娠中に注意したいと言われているのは、水銀を多く含んでいる魚介類です。サザエは、そういった意味では危険な食べ物ではありませんが、ただし細菌などが潜んでいる可能性があるので生食は注意が必要です。

 

腸炎ビブリオなどの細菌によって引き起こされる、下痢や腹痛などは胎児にも悪影響を与える可能性があります。胎児の発達に影響があるので、摂取し過ぎには注意です。

 

加熱したものを食べる

サザエ自体は、妊娠中に食べても大きな問題を引き起こしません。

 

しかし、生食はサザエだけではなく、魚介類全般で見てさまざまなリスクがあるため、おすすめできません。

 

サザエをどうしても食べたい場合ですが、しっかりと熱を通し、生部分が無い状態になったことを確認してから食べましょう。

 

サザエのお刺身がお好きな妊婦さんは、少し辛い時期が続くかもしれませんが、可愛い我が子のために、この期間は我慢しましょう。


ホーム