サザエに寄生虫がいることは?

サザエに寄生虫がいることは?

さまざまな食べ方を楽しむことができるのが、サザエの魅力です。つぼ焼きや蒸し料理、刺身、バター炒めなど、さまざまな食べ方で舌鼓を打つことが可能です。さて、そんなサザエですが、寄生虫の心配はどうなのでしょうか。特に、刺身で食ベたい、という方は大変寄生虫の存在が怖いと思います。今回、ここではサザエに寄生虫がいるのかを紹介します。

 

サザエヤドリムシ

魚介類には、何らかの形で多くの場合は寄生虫が寄生していると言われています。貝類にも寄生する寄生虫がいますが、サザエの口腔内には必ずといえるほど、サザエヤドリムシという寄生虫が寄生しています。

 

甲殻類の一種であるサザエヤドリムシですが、基本的には人には害が無いといわれているので、刺身などで気にし過ぎないでも大丈夫でしょう。

 

ただし、どうしても気持ち悪い、という方の場合は口部分を切るか、つぼ焼きなどの熱を入れてしまうと、より安全です。

 

他の部分に注意するべき

サザエヤドリムシは人には無害ですので、そにまま食べても人体には影響を及ぼさないか、と思われがちです注意する点もあります。

 

ひらひらとしたものがサザエの身にはついていますが、衛生的にはあまり良いとは言えません。さらに、肝もつぼ焼きなどで完全に熱が通っていれば良いですが、生で食すということはおすすめしません。

 

このように、寄生虫ではなく、他の部位に注意してサザエを召し上がられることをおすすめします。


ホーム