秋刀魚の塩焼きの煙対策

サンマの塩焼きの煙対策

秋の味覚サンマを塩焼きを七輪などで焼く場合、どうしても煙がたくさん出てしまいますね。

 

屋内の場合煙が充満するし、火災報知器が鳴ってしまう可能性もあります。

 

そこでここでは煙をほとんど出さずにサンマを焼く方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

調理器具を変える

サンマを焼くと煙が発生する最大の原因は、サンマの体から染み出してくる油が直火に当たるためです。

 

そのため、サンマの油が直火に当たらないような調理器具(オーブン、オーブントースター)などを使えば、煙は出にくくなります。

 

オーブントースターを使う際は、油が下の熱源に落ちないように天板を置いて、その上にサンマを乗せて焼いてください。

 

場所を変える

七輪で焼く場合、炭の直下にサンマを置いてしまうと、油が落ちることでものすごい煙が出てしまいます。

 

そのため炭を片側によせておき、炭のないほうにサンマを置いて焼くと、煙を最小限に抑えることができます。


ホーム