秋刀魚によるアレルギー症状(下痢・蕁麻疹・頭痛・吐き気・胸やけ等)の原因と対策

サンマによるアレルギー症状(下痢・蕁麻疹・頭痛・吐き気・胸やけ等)の原因と対策

政府が示すアレルギー反応を起こしやすい食品リストにサンマは含まれていませんが、魚介全般にアレルギー反応を示すケースも見られます。

 

アレルギー症状としては蕁麻疹、喉のかゆみや腫れ、目のかゆみや充血、まぶたの腫れ、嘔吐、下痢、腹痛などがよく知られますね。

 

もしもこういったアレルギー症状が確認できた場合は、近日中に病院で検査を受けることをおすすめします。

 

ただアレルギーのような症状が出たからといって必ずしもアレルギーとは限りません。それは以下で説明するヒスタミン中毒の可能性もある為です。

 

ヒスタミン中毒の可能性

サバやイワシ、サンマといった青魚は必須アミノ酸の一つ「ヒスチジン」を多量に含みますが、魚肉の鮮度が落ちると共に、ヒスチジンはヒスタミンに変わっていきます。

 

このヒスタミンは大量に摂取するとアレルギー反応に似た症状が出ることで知られており、別名「アレルギー様食中毒」とも呼ばれるほどです。

 

冷蔵中はヒスタミン生成菌の発生は抑えられる為、購入したら即冷凍、そしてなるべく早く食べることが重要です。


ホーム