秋刀魚(サンマ)と健康・安全性

サンマ(サンマ)と健康・安全性

サンマに含まれる栄養成分と効能のほか、サンマによる食中毒、アレルギーなどの被害対策、その他健康上の注意点などの情報をまとめています。

秋刀魚に穴?!原因のサンマヒジキムシとその害について

初夏のサンマは最高に脂が乗っているというわけではないけれど、相変わらず庶民にとって値段に違わずうまい魚には違いないでしょう。でもサンマを選んでるときひじきみたいな紐みたいなのがくっついてる時はないでしょうか。これはヒジキムシという名の寄生虫の可能性があります。サンマヒジキムシとは魚の寄生虫として有名...

≫続きを読む

秋刀魚を生(刺身)で食べるのは危険?食中毒の可能性が!

昨今国内の流通システムは整っていて、迅速な輸送が可能になっていますので、刺身用生食用として売られている秋刀魚に関しては、生で食べても問題ないでしょう。ただし加熱用として売られている秋刀魚に関しては、食中毒リスクが高く危険なので、生食は避けてください。また刺身用の秋刀魚であっても、できるだけ新鮮なもの...

≫続きを読む

秋刀魚に漬物の食べ合わせは悪いってほんと?

サンマのたんぱく質は、焼く事によってジメチルアミンに変化します。そして漬物には”亜硝酸塩”が含まれています。この”ジメチルアミン”と”亜硝酸塩”が合わさると”ニトロソアミン”という発がん性物資が作られる為、サンマと漬物の組み合わせは体によくないといわれています。。サンマの塩焼きの付け合わせに漬物が出...

≫続きを読む

秋刀魚の健康効果:抜群の栄養価!

サンマの健康効果について情報をまとめています。動脈硬化の予防サンマに含まれているEPAと呼ばれる不飽和脂肪酸には、血液の中のコレステロールを減らす働きがあり、動脈硬化の原因になる血栓を予防します。。動脈硬化の予防は心筋梗塞などの重病の予防にも繋がります。物忘れ防止サンマにはDHAという脳の働きを向上...

≫続きを読む

秋刀魚の美容効果

サンマの美容面にもたらす効能について、情報をまとめています。シミ予防サンマに豊富な鉄分にはシミ予防の効果があります。とくにサンマの内臓には身よりも多くの鉄分が含まれているので、新鮮なサンマが手に入ったらぜひ内臓も一緒に食べることをおすすめします。肌トラブル改善接種した栄養は血液に乗って肌にとどけられ...

≫続きを読む

秋刀魚の目玉は食べるべき?栄養はあるの?

サンマの目玉にも栄養があります。とくに目玉の周囲のゼラチン質の部分には、目にいいビタミンB1、脳の発達や血液サラサラ効果のあるDHA/EPAが豊富です。あなたが健康志向で、秋刀魚の栄養を極力無駄にしたくないのなら、是非食べることをおすすめします。とはいえ、目玉って見た目が気持ち悪くて、食べるのに抵抗...

≫続きを読む

秋刀魚の苦いところ、内臓(ワタ)は食べるべき?栄養はあるの?

サンマは胃や腸があまり発達しておらず、食べたものがすぐに排出されるようになっているので、雑菌の繁殖が少なく、安全に内臓を食べることができます。そしてサンマの内臓には鉄分/ビタミンAといった栄養素が身よりも、豊富に含まれています。なので健康を重視する方には是非残さず食べてほしい部位ですね。内臓までしっ...

≫続きを読む

秋刀魚の缶詰に栄養はあるのか

サンマの缶詰は保存性が高いし、調理の手間いらずで美味しいということで、我が家では鯖缶にならび重宝している食材です。缶詰なので栄養とかはだいぶ減ってるんじゃないの?という人もいますが、そんなことはありません。缶詰の魚介というのは新鮮な原料を完全な真空状態で加熱調理されているので、栄養の流出はむしろ少な...

≫続きを読む

秋刀魚の赤い寄生虫「アニサキス」による食中毒に注意!加熱は十分に!

サンマにおいて最も被害が多いのがアニサキスによる寄生虫被害です。アニサキスとは魚類の内臓の中に寄生する体長2~5cmほどの細長い寄生虫です。サンマというのは一般的に内臓処理をせずにそのまま食べますから、生焼けなどでアニサキスが生きたままだと、被害に合うことが多いです。激しい腹痛や下痢、嘔吐といった症...

≫続きを読む

サンマの皮や骨は栄養の宝庫!

秋の味覚である脂の乗ったサンマは、美味しいだけでなく、良質な栄養素がたくさん含まれている優れた食材です。しかし魚といえば、一般的には骨は廃棄し、皮は食べないという人も多いですが、骨や皮には身と同等、もしくはそれ以上の栄養が含まれています。脳の働きをよくしたり、血をサラサラにするDHA/EPAは皮の下...

≫続きを読む

秋刀魚は太る?痩せる?カロリーは?ダイエット中の方へ

サンマは比較的脂がのった魚なので、ダイエット中の方などは食べることをためらうかもしれませんね。そんな方へ向けて、サンマは太りやすいか、むしろ痩せやすいか、またカロリーはどれくらいなのか、情報を提供したいと思います。サンマのカロリーは?サンマ1尾(約150g)のカロリーは465kcalとなりますが、焼...

≫続きを読む

秋刀魚は妊婦が食べても大丈夫?

妊娠中は胎児への悪影響の恐れがあるため、水銀を多く含む魚などは摂食を制限する必要があります。しかし結論からいってしまうとサンマは水銀の含有量が極めて少なく、注意が不要な魚なので安心して食べて大丈夫です。注意が必要な魚は、マグロやメカジキ、クジラといった食物連鎖の上位におり、水銀の蓄積量が多くなる魚で...

≫続きを読む

秋刀魚は離乳食としていつからあげていい?

離乳食の開始時期の目安は魚の種類ごとに分別すると白身魚が離乳食初期(生後5~6カ月頃)赤身魚が離乳食中期(生後7~8カ月)青魚が離乳食後期(生後9~10カ月)となるので、青魚のサンマを離乳食にするなら後期の9~10カ月が良いでしょう。サンマを離乳食に加える際の注意点サンマはよく火を通して、身の部分だ...

≫続きを読む

秋刀魚を毎日食べるのは害?プリン体の多さが心配?

青魚は栄養価の高い食材ですが、尿酸値が高い人や痛風患者が摂取を控えるべき「プリン体」の含有量が多い食材でもあります。脂の乗ったサンマは食べたいけれど、プリン体は気になる・・・という方へ、サンマとプリン体に関する情報をご提供します。青魚に含まれるプリン体プリン体の含有量は魚の中ではカツオが最も多く10...

≫続きを読む

猫に秋刀魚をあげても大丈夫?

猫で魚が嫌いな子はあまりいないので、大衆魚であるサンマを分け与えることを考える飼い主さんも多いかもしれません。ペットに人間の食べ物を与える時は、事前に与えても大丈夫なものかどうか調べるのは基本ですが、サンマに関しては特に注意すべき有害成分などは含まれていないので基本的に問題ないでしょう。むしろ人間と...

≫続きを読む

秋刀魚によるアレルギー症状(下痢・蕁麻疹・頭痛・吐き気・胸やけ等)の原因と対策

政府が示すアレルギー反応を起こしやすい食品リストにサンマは含まれていませんが、魚介全般にアレルギー反応を示すケースも見られます。アレルギー症状としては蕁麻疹、喉のかゆみや腫れ、目のかゆみや充血、まぶたの腫れ、嘔吐、下痢、腹痛などがよく知られますね。もしもこういったアレルギー症状が確認できた場合は、近...

≫続きを読む

サンマに含まれている栄養成分一覧

サンマは美味しいだけではなく、栄養価の高い健康食材です。ここではサンマに豊富に含まれている主な栄養成分をご紹介します。不飽和脂肪酸サンマは、エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などの不飽和脂肪酸を多く含みます。EPAは、血流を良くすることから、動脈硬化や脳梗塞を予防する効果が...

≫続きを読む


ホーム