美味しい鮭の選び方:鮮度を見分けよう

美味しい鮭の選び方:鮮度を見分けよう

日本の食卓の定番の鮭。

 

魚を食べたいと思った時に、とりあえず迷ったらこれという人も多いと思います。

 

ところでスーパーに並んでいる鮭を選ぶときに、何を基準に選んでいますか?

 

ちょっとしたところに目を付けながら選んでみると、お値段以上に美味しい鮭を楽しめるかもしれません。

 

鮮度の見分け方

まず鮮度は最もこだわりたいポイント。生鮭の切り身を選ぶときは、以下の点に着目してみてみましょう。

 

 

  • 皮や表面が乾燥していないか
  • パックに汁が溜まっていないか
  • 身の部分の赤色が極端に色あせていないか

 

このように新鮮な鮭を見分けるためには、身がしまっていて、ふっくら瑞々しく潤い、かつ水分が出すぎていないものを選ぶとよいでしょう。

 

また冷凍の鮭を選ぶときは、霜がなく、極端な色をしているものは避けた方がよいでしょう。

 

産地で選ぶ

より新鮮さを重視するのなら、北海道産など国産のものを選ぶことをおすすめします。

 

ロシア、アラスカ、ノルウェー、チリなど海外輸入されたものも多くみられますが、鮮度では国産が一番です。

 

冷凍保存する場合

買った鮭を数日で食べきれない場合は冷凍保存することになると思います。しかし解凍されたものを再冷凍すると、極端に味が落ちてしまうので、味の濃い料理に使用するか、チャーハンなどメイン料理の具材にすると良いでしょう。


ホーム