鮭(サケ)と鱒(マス)の違い:別種?見分け方は?味の違いは?

鮭(サケ)と鱒(マス)の違い:別種?見分け方は?味の違いは?

鮭(サケ)と鱒(マス)の見分け方や味の違いについてお伝えします。

 

分類上の違い

結論からお伝えすると、学術上では鮭も鱒も「サケ目サケ科」に属し、違いはありません。同種の生き物と言って良いでしょう。

 

英語では鮭を「サーモン」(salmon)、鱒を「トラウト」(trout)という呼び方もある通り、

 

  • 主に海に降りるものを鮭(サーモン)
  • 川など淡水で生活するものを鱒(トラウト)

 

として区別するケースが一般的です。

 

つまり、出稼ぎにでて海へ出戻りする者と、川にそのまま残る者という生活史の違いだけで、明確な区別があるわけではないのです。

 

ただ食品衛生法では海に出る魚を鮭、川に残る魚を鱒と表記する義務があります。

 

見分け方

日本では一般的に川にそのまま残る鱒は小さめでおおよそ体長30cmほどで、鮭(シロザケ)の平均約70cmと比べると小さい魚となります。

 

長距離を移動する鮭のほうが、体が大きくなる傾向にあるのです。

 

食材としての違い

鮭は加熱調理で用いられることが多く、生食はあまりしません。刺身や寿司に用いられるのは主に養殖されたニジマスになります。そのほとんどはチリ近海から獲れた輸入品です。

 

味の違い

また味の違いに関しては、漁獲時期、天然か養殖か、生息環境、年齢などで様々な要因変わってきますので、一概に違いが明示できない部分があります。


ホーム