鮭が川をのぼる時期は?

鮭が川をのぼる時期は?

鮭は一生に一度産卵の為に、海から生まれ育った川へ逆流していきます。(※このように川を遡る魚のことを「遡河回遊魚(そかかいゆうぎょ)」と呼びます。)鮭が産卵の為に遡上する様は生命力に溢れ素晴らしく、遡上の見学ツアーなどもあるほどです。

 

鮭の遡上が見られる地域のおまつり

川で孵化し、春から初夏にかけて海へとたどり着いた鮭の稚魚たちは、3〜4年の時をかけて海で大きく成長し、その後産卵のために生まれ育った川に戻ってきます。東北や北海道などで9月下旬から11月下旬にかけて鮭の遡上が見られます。他にも富山県や岩手県など様々な場所で鮭の遡上を見ることができます。

 

有名な鮭祭り

鮭の川上りの時期に合わせ、各地で鮭まつりが行われます。間近で鮭の遡上が見たいという方は、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

◆北海道北斗市茂辺地川
例年11月3日に開催される『北斗市茂辺地鮭まつり』は、鮭の遡上風景が間近に見られるとして大変人気があります。さらに鮭のつかみ取りや鮭鍋、地元産品直売コーナーやお楽しみ大抽選会など、盛りだくさんの企画で毎年多くの人で賑わいます。

 

◆新潟県柏崎市柏崎さけのふるさと公園
新潟県内でも鮭の遡上が最も観察しやすいといわれる谷根川(たんねがわ)では、例年11月の最後の土日にかけて『さけ豊漁まつり』が開催されています。鮭のつかみ取りや人工授精の無料体験、さけ汁やいくら丼、鮭の加工品の販売等も行われています。


ホーム