サバの切り身の選び方 色で鮮度を見分けよう!

サバの切り身の選び方:色で鮮度を見分けよう!

「鯖の生き腐れ」という言葉があるくらい、サバは鮮度が落ちるのが早い魚です。

 

サバに限らず、サンマやイワシ等の青魚は、自身が持つ消化酵素が他の魚より強いため、死ぬとすぐに腐り始めてしまうのです。

 

そのため、サバを買うときは、他の魚以上に鮮度の良いものを買うように心がけましょう。

 

鮮度の良いサバの見分け方。

魚一尾の鮮度を見極める場合は、目が判断基準になることが多いです。

 

しかし切り身の場合は目が無いので、身の色や切り口で判断するようにしてください。

 

まず、身の色が赤身がかったピンク色で透明感があり、血合いが黒ずんでいないものを選びましょう。

 

切り口が奇麗なことも重要です。また、皮がピンと張っていて、全体的にふっくらしたものが、鮮度が良く美味しいサバの特徴です。


ホーム